海外の反応/Г-1-13-А階

<海外の反応>

  • 空の境界の矛盾螺旋のアパートを思い出した
  • 影がお母さんやお父さんに「ドアを開けて」と呼びかける >焼け焦げた部屋 >幸せそうな家族の会話  つまりこの影は死んだ子供たちの霊だろう
  • ↑それだけじゃないと思う 1つ目と2つ目の部屋では家族が会話している 3つめの部屋では子供のセリフだけ 5つ目の部屋では子供が親を呼んでいる 最後のコマでは1つ目の部屋で3種類の笑い声(特に「うふふ」は母親特有の笑い方)が聞こえる 2つ目の部屋は1つだけ これは、影が子供であるということ以外にも何かを意味しているのでは? もしかしたら 子供たちは堕落して親を殺してから影になるのかもしれない・・・
  • うわぁ これは未収容のSCPですね 間違いない
  • ↑SCPというよりめちゃめちゃ幽霊の出る建物という感じ
  • ↑そうだね 複数のSCPが同じ場所に自由に住めるなんてことは有り得ない 収容でもされてない限りは おそらく幽霊がたくさん出る場所というだけだ
  • ↑この建物自体がSCPである可能性もあるのでは? つまり 他の全ての事例はSCP-(これの番号)-1 SCP-(これの番号)-2 のように記録されることになる IKEAの店舗全体がSCPに指定されたという記事を読んだ覚えもあるぞ
  • これがSCPなら「SCP XXXXは建物で 中にはエレベーター(SCP XXXX-1)があるが 通常の階数指定ボタンの代わりに様々な記号のボタンがあり 操作すると対応する『階』に移動する」という説明になると思う そしてその後に分厚い報告書の束が届くはず ・・・あるいはSCP世界の他のGOIが管理しているのかも知れない

GOIGroups Of Interest
GOISCP財団が要注意団体として警戒している複数のグループの総称で
超々簡単に言えばSCPを悪用している/しようとする 悪者です(財団視点)

  • ああ 彼女はキリル文字の「Д」をラテン文字の「A」と間違えたのね

まだ得体が知れず恐怖の対象だった頃のあけてちゃん

記事元/ ■


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。