ライスシャワーの命日への海外の反応(ウマ娘)

<海外の反応>

  • (スレ主)本日(6/4)はライスシャワーの命日だ

ライスシャワー(1989年3月5日~1995年6月4日)

 普段なら馬の命日に馬のことを紹介することはないのだが、ライスシャワーの死はあまりにもインパクトがあったので、記さないわけにはいかない。皮肉なことに、ライスシャワーのイメージがヒールからヒーローへと180度変わったのは彼の死が一因となっている。1993年の有馬記念以降ライスシャワーにとって長い低迷期、迷走期にあたるので、アニメで採用されなくてよかったと思う。ようやく復活の兆しを見せファンに認められたとき、彼を待っていたのは だった。

 1995年初頭、競馬ファンは喪失感に苛まれていた。ビワハヤヒデの突然の引退により、期待していた対決が実現しなかったのである。シャドーロールの怪物ナリタブライアンは怪我をして、一時競馬場を去ることになった。ツインターボもいなくなってしまった。ファンが応援する人がいなくなってしまったのだ。続いて1995年春の天皇賞だが、出走馬のリストを見てファンはさらに落ち込んだ。ほとんどの馬がナリタブライアンに負けた馬で、グレードレースにすら勝てない馬が多かったのだ。1995年春の天皇賞は「敗者復活戦」となったため、多くのファンはこのレースに勝てる馬を応援することにしたのである。

 ライスシャワーは、1994年のステイヤーズステークス(G3、3600m)と1995年のダイヤモンドステークス(G3、3200m)に勝ったばかりのステイヤーで、同じ長距離レースである春の天皇賞では有利だった。2位のインターライナーは、1995年の日経新春杯(G2、2400m)で2着し、1995年の日経賞(G2、2500m)でも優勝しているので、戦いやすい状態にあった。3位は武豊騎手のハギノリアルキングで、1995年の目黒記念(G2、2500m)を勝ち、1995年の阪神大賞典(G2、3000m)ではナリタブライアンに次ぐ2着だった。どの馬も他の馬よりも特別に優れていたわけではないので、投票倍率はかなり均等になった。

 ライスシャワーは人気的には4位だった。彼にとって、この15ヶ月間はあまり成功していない。1994年は3レースしか出走しておらず、成績は悪くなかったが、目立った成果もなかった。1995年の初めには、さらに深刻なスランプに陥り、最も得意としている京都のコースでも5位以内に入ることができなかった。1995年の京都記念と日経賞では、1番人気に支持されたにもかかわらず、両レースとも6着に終わった。1992年の菊花賞、1993年の春の天皇賞での驚異的な勝ちっぷりは、多くのファンにとってはフロックに過ぎないと思われていた。

 1995年春の天皇賞は、レースを引っ張る馬の存在もなく、ゆっくりとしたペースで始まった。エアダブリンは少し速すぎたようで、これが後々まで響いた。2周目に入るとライスシャワーも的場騎手も勝負どころだと思い、前に出た。残り800m付近でライスシャワーがロングスパートをかけると、エアダブリンとインターライナーがライスシャワーを追いかけ始めた。ライスシャワーは最終コーナーで集団を抜け出し、エアダブリンとインターライナーは届かず、武騎手のハギノリアルキングと蛯名騎手のステージチャンプがライスシャワーを追いかけることになった。ライスシャワーとステージチャンプは同時にゴールをに飛び込む。蛯名騎手が勝利宣言をしている間に、レース実況者の杉本が言った。”ライスシャワーです!おそらく、おそらくメジロマックイーンもミホノブルボンも喜んでいる事でしょう!ライスシャワー今日はやった!” 結局、審査の結果、先にゴールしたのはライスシャワーだった。728日振り、ライスシャワーはレースに勝ち、ヒーローとなった。メジロマックイーンに次いで、春の天皇賞を2連続制覇した2頭目の馬にもなった。ライスシャワーは、今や多くのファンからヒーローとして扱われていた。淀(京都競馬場)は、今回もライスシャワーの快挙を後押ししてくれた。

 本来であればライスシャワーは引退するはずだったが、種牡馬としての価値を高めるためにオーナーは中距離での勝利を目指した。さらに宝塚記念(G1、2200m)にはファンの人気投票で1位になったこともあり、出走しないわけにはいかなかった。宝塚記念は大阪や兵庫に大きな被害をもたらした阪神淡路大震災の影響で京都での開催となり、ライスシャワーのお気に入りのコースである淀で行われることになった。ナリタブライアンがいないことでライスシャワーの勝算はかなり高かった。このレースで最も人気があったのはサクラチトセオーで、この年の初めにAJCC(G2、2200m)を勝ち、安田記念(G1、1600m)では2着だった。第2位はダンツシアトル。この馬は長い間、ケガに悩まされていた。京阪杯(G3、2000m)を勝ったばかりだ。3位はライスシャワー。ナリタタイシンも参戦していたが、長い療養から復帰したばかりでまったく歯が立たなかった。

ライスシャワーは、いつも大きな勝利をもたらしてくれる淀の存在を知る由もなかっただろう

 ライスシャワーの的場騎手は、1コーナーを回ったところでライスシャワーの調子が悪いことに気づき、スピードを落として考えた。的場騎手は、ライスシャワーを集団の後方に待機させた。そして、第3コーナーに差し掛かったとき、事件は起こった。ライスシャワーが急に加速してつまずき、的場騎手が落馬してしまったのだ。レースはダンツシアトルが1着。

 ライスシャワーに何が起こったのか?左前脚と足が粉砕骨折、脱臼しており、回復の見込みはない。レースコースに目隠しのテントが張られ、ライスシャワーはコース上で安楽死させられた。的場騎手も怪我をしていたが、その場に立って一部始終を見守っていたという。ライスシャワーが車で運ばれていくとき、的場騎手はライスシャワーに頭を下げ、長年のパートナーであるライスシャワーに最後の敬意を表した。ライスシャワーの世話をしていた川島厩務員は涙が止まらなかった。

 ライスシャワーの死はスポーツ界のトップニュースとなった。ライスシャワーが生まれたユートピア牧場やファンが多く訪れる京都競馬場には、ライスシャワーの記念碑が建てられた。1995年末にJRAがライスシャワーに特別賞を贈ったことで、2010年の菊花賞は「ライスシャワーメモリアル」と改称された。

“ 淀に咲き 淀に散った 孤高のステイヤー ”

それがライスシャワーであり、その悲劇的な人生が永遠に記憶される競走馬である。

レース映像をいくつか紹介しよう
1995年春の天皇賞(ライスシャワー3番、ステージチャンプ15番、エアダブリン1番、インターライナー13番、ハギノリアルキング17番)
1995年宝塚記念(ライスシャワー16番、ダンツシアトル1番、ナリタタイシン8番、サクラチトセオー6番、タイキブリザード9番、エアダブリン3番、インターライナー17番)

  • (スレ主)ここで付け加えるべきことがある ライスシャワーの死は ある意味でナイスネイチャを救ったのかもしれない ライスシャワーの訃報を聞いたナイスネイチャの厩務員・馬場秀樹氏は 高齢馬であるナイスネイチャへの不安を募らせた 1996年の有馬記念を前にナイスネイチャに脚の異常があることを知った馬場さんは 急いで松永善晴調教師に会いに行き ナイスネイチャが6回目の有馬記念に出走する計画を中止してほしいと懇願し 泣いて頭を下げたという 松永氏はこう答えた 「ナイスネイチャを一番理解しているあなた(馬場さん)が提案することであれば 私はそれに従います」 ナイスネイチャは馬場さんのおかげで無事に引退することができた
  • ↑もうひとつ 馬場秀樹氏は1988年、ナイスネイチャのファンの結婚式に出席した帰り道に交通事故で無くなったそうですね
  • >種牡馬としての価値を高めるために 90年代に読んだ「じゃじゃ馬グルーミン☆UP!」を思い出したよ 主人公の牧場には菊花賞や天皇賞を勝った馬がいたのに馬主は「中距離のG1レースに勝ったことが無いから誰もその仔を買わない」って言ってた
  • ↑(スレ主)それは日本だけでなく世界的なことですね 世界の重要なレースは中距離が多くて長距離のレースは少ないので 純粋なステイヤーはあまり売れません
  • うぐぅ 私はライスの温泉旅行チケットを手に入れたばかり キュートでファジーな楽しいお出かけになるはずだったのに この事を知ってしまったために心臓にダガーを突き刺すようなものになってしまった
  • ライスシャワーのフルストーリーがOVA化される可能性はあるんじゃないかな? ライスシャワーはエンディング曲も担当しているし 「ウマ娘」は泣けるスポーツアニメという位置づけで 記録を塗り替えるほどの売れ行きを見せているからね
  • ↑シンデレラグレイが映画化されることを願ってる オグリキャップとタマモクロスの対決をスクリーンで見たい
  • オレの一番好きなウマ娘だ・・・

(黙祷)

記事元/ ■


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。